性器食べるイベント主催者を杉並区が告発

印刷

   東京都杉並区は2012年6月25日、同区内のライブハウスで不適切なイベントが行われたとして、わいせつ物公然陳列などの容疑で主催者を警視庁に告発したと発表した。

   このイベントは12年5月13日に行われたもので、自称芸術家の男性の性器を舞台上で調理して客に食べさせたというもの。性器は手術で切り取って保存していたという。イベントには70人ほどが参加し、うち5人が2万円を支払って食べたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中