2018年 7月 19日 (木)

宮城県の人口13年ぶり転入超 復興需要で 3~5月

印刷

   東日本大震災で被災した宮城県の2012年3~5月期の転入者が転出者を1249人上回り、同期としては13年ぶりに転入超過になった。総務省が住民基本台帳をもとに3~5月の人口移動の状況をまとめ、6月25日に発表した。

   震災を挟んだ前年同期の宮城県の人口は1万188人の転出超過になった。11年7月からは転入者が転出者を上回る傾向にある。避難した住民が戻りつつあるほか、復興需要で関東圏などからの転入者が増えた。

   一方、東京電力・福島第一原子力発電所の事故の影響などで福島県は9779人と大幅な流出となった。0~14歳の子ども世代と、その親世代の25~44歳の転出が目立つ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中