2018年 7月 20日 (金)

伊藤園、ミャンマーなどへ進出「お~いお茶」生産・販売へ

印刷

   「お~いお茶」などの飲料大手の伊藤園は、ミャンマーやシンガポールなど東南アジアへの進出を、2012年6月27日に発表した。

   6月28日にシンガポールに東南アジア事業を統括する持ち株会社「伊藤園アジア・パシフィック・ホールディングス」を、資本金約20億円で設立。その後、ミャンマーやベトナム、シンガポールの3か国に伊藤園が過半出資する合弁会社を設立して進出する。

   民主化が進み始めたミャンマーへは、来春にも「お~いお茶」などの飲料を売り出すほか、紅茶なども手がけ、また日本向けに茶葉を生産する拠点をつくる計画もある。

   日本の飲料大手がミャンマーに生産拠点を設けるのは初めて。他社に先行することで、経済成長が見込める6000万人の市場競争を優位に展開する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中