2019年 11月 18日 (月)

巨人原監督脅した「K氏」の正体 息子はプロ野球選手、球界全体に騒動拡大

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球、読売巨人軍の原辰徳監督が、選手時代の女性関係を知る男に脅されて1億円を支払っていた一件は、球界全体に騒動が拡大する様相を呈してきた。

   2006年、原監督に1億円を要求した人物は現役プロ野球選手の父親との報道もある。さらにここにきて、巨人OBの中畑清・横浜DeNAベイスターズ監督の関与も取りざたされている。

渡辺会長「原君は絶対にやめさせない」

「原君は絶対にやめさせない」

   巨人軍の渡辺恒雄球団会長は2012年6月25日、報道陣に対してこう断言した。2年契約が終了するのは来年で、それまでは引き続きチームの指揮をとらせるという。女性問題自体については「25年前のこと」で「もう時効」と寛容な姿勢を示し、原監督は「恐喝を受けた被害者」という立場を強調した。

   渡辺会長は、原監督を脅した男性について「ある球団の選手の父親」と名乗っていた点について言及したという。「週刊文春」6月28日号では「北海道出身の元暴力団員K」というイニシャルで登場する人物だ。現在は熱海で旅館を経営し、息子が現役のプロ野球選手だという。別のメディアは、この選手がオールスター戦に出場した経験があると伝えている。

   インターネット上では、この「K」なる人物とその息子が誰かをめぐって、さまざまな情報が飛び交っている。その中で、ひとりの選手がクローズアップされている。この選手が数年前に開いた結婚披露宴に出席したある人物が、当日の様子をブログで紹介しているが、文中で父親は熱海の旅館経営者と説明。披露宴には所属球団や、かつてプレーしていた球団の関係者がお祝いに駆けつけているとつづった。結婚後この選手は、球宴にも出場し、報道されている内容と一致する点が多い。

   「フラッシュ」6月26日発売号では、記者がK氏を訪ねて熱海に向かったもののカラ振りに終わった様子が書かれていた。同誌はさらに、息子のプロ野球選手も直撃するが、本人は取材には応じなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中