2018年 7月 22日 (日)

「新日鉄住金」、株主総会で可決 執行役員も発表

印刷

   2012年10月の合併を計画している新日本製鉄と住友金属工業は、6月26日のそれぞれの株主総会で経営統合を承認した。粗鋼生産規模で世界第2位となる新会社「新日鉄住金」の誕生が正式に決まった。

   株主総会では、新日鉄の宗岡正二社長と住金の友野宏社長がそれぞれ冒頭で「総合力で世界ナンバーワンの鉄鋼メーカーになる」との目標を改めて訴え、株主の理解を求めた。

   両社とも新日鉄1に対して住金0.735の統合比率や株主へのメリットに関する質問があったが、住金の友野社長は統合比率について「財務アドバイザー8社の平均値は0.69だが、これより高い数値で決めた」と説明した。新日鉄の太田克彦常務は「統合によるコスト削減や数量によるメリットを株主に還元できる」と述べた。

   また、同日には新会社の執行役員体制も公表。執行役員数は39人で新日鉄側から26人、住金側から13人が就く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中