パナソニック「テレビは中核事業ではない」津賀新社長

印刷

   2012年6月27日付で就任したパナソニックの津賀一宏社長は、今秋以降に新たな中長期経営計画をまとめる方針を、28日の記者会見で示した。新経営計画は創業100周年にあたる2018年までの「6年間を見通した内容にしたい」としている。

   これに関連し、津賀社長は「テレビは売り上げが大きくても利益が出ず、もはや中核事業ではない」と、テレビ事業を見直す考えを示した。「テレビは白物家電と同じで、住宅の中の一家電に過ぎない」とも話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中