2018年 12月 12日 (水)

再生可能エネルギー、買い取りスタート 家庭の電気料金平均87円アップに

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   太陽光や風力、バイオマスなどによる再生可能エネルギーの全量を電力会社に買い取らせる「固定価格買い取り制度」2012年7月1日に始まった。

   京都市や群馬県榛東村にある大規模太陽光発電所(メガソーラー)は運転を開始。新潟県や福岡県などでも稼働を始め、再生可能エネルギーの積極活用が各地で本格化しはじめた。

   経済産業省資源エネルギー庁はすでに44件の発電設備を買い取り対象として認めていて、発電出力は合計で約4万1600キロワット。12年度の導入量を250万キロワットと想定している。水力発電が1件(1万2000キロワット)認定された以外は、すべて太陽光発電だった。事業社名は公表していない。

   1キロワット時あたりの買い取り価格は発電規模によって異なるが、太陽光発電は1キロワット時42円。買い取り期間は出力10キロワット以下の太陽光発電が10年間、他の再生可能エネルギーは20年間。価格と期間は毎年見直されるが、認定を受けた年度の価格と期間が固定される。

   電力会社は買い取り費用を電気料金に転嫁するため、7月以降の標準家庭の電気料金は平均87円上昇することになる。

   一方、7月1日付の朝日新聞は再生可能エネルギーのうち、電力会社が買い取る風力発電の枠がすでに満杯寸前にある、と報じている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中