2019年 2月 21日 (木)

韓国・盧武鉉政権が日本を「仮想敵国」に 05年当時、米に仰天提案していた

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日韓関係に、また暗い影を落とすような動きが明らかになった。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2005年に、韓国政府が米国政府に対して、日本を仮想敵国として想定するように提案したというのだ。もちろん、米国側は困惑した様子だったという。韓国メディアは現時点では事実関係を淡々と報じているが、日本のネット上では、韓国批判が再燃している。

「仮想敵国とは、事実上の『主敵』の概念だ」

   この提案は、与党の「セヌリ党」元代表の鄭夢準(チョン・モンジュン)氏が、12年7月2日、国会で記者団に対して「まだ報じられていないこと」として明かした。鄭氏は、02年の大統領選挙に出馬を表明していたが、投票日直前に盧氏との候補者一本化に同意して出馬を取りやめたという経緯がある。07年の大統領選では、当時野党だったハンナラ党(現・セヌリ党)の李明博氏支持に転じた。

   韓国メディアの報道を総合すると、提案は05年10月にソウルで開かれた韓米定例安保協議会(SCM)の席で行われたという。また、鄭氏は、

「仮想敵国とは、英語では『hypothetical enemy』で、事実上の『主敵』の概念だ」

となどと解説。その上で、

「日本に対する一般国民の感情が良くなく、常に竹島=韓国名・独島=をめぐって対立する状況で、盧大統領が提供した」

といった背景を解説した。この対案に対して、米国は

「韓国と日本が同じ自由民主主義国家として、そうでない国家に対抗して手を携えることを望んでおり、非常に困惑していた」

という。

   盧武鉉氏は大統領在任中、一貫して北朝鮮に融和的な一方、米国とは距離を置いていたことも広く知られている。この外交政策や経済政策の失敗が響き、政権末期は、ほぼ「レームダック状態」。退任直後には不正献金疑惑も浮上し、09年に投身自殺を遂げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中