輿石幹事長、鳩山氏「公認にならないことはあり得ない」

印刷

   民主党の輿石東幹事長は2012年7月5日の会見で、消費増税法案の衆院採決で反対票を投じた鳩山由紀夫元首相について、「公認にならないことはあり得ないと思う」と述べた。民主党執行部は7月3日、鳩山氏に対して党員資格6か月の処分とする方針を決めている。資格停止中に選挙が行われた場合、候補者として公認されないとの見方が党内で広がっていたが、これを打ち消した形が。輿石氏は「党員資格が停止するというだけで、取り上げる訳ではない」とも述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中