藤村官房長官、官邸前デモにコメント 原発問題「様々な意見の表明」

印刷
官邸前のデモについてコメントする藤村修官房長官
官邸前のデモについてコメントする藤村修官房長官

   藤村修官房長官は2012年7月6日夕方の定例会見で、週ごとに規模が拡大している金曜夕方の官邸前反原発デモについて、

「国論を二分する大きなテーマで、様々な意見の表明がされているというのが現状」

とコメントした。デモ隊が反対している関西電力大飯原子力発電所の再稼働については、

「決断をし、特別の監視体制のもとで万全を期して準備に入っていただいている」

と述べるにとどまった。

   デモが始まるのは18時だが、16時半時点で官邸前の国会記者会館周辺には厳重な警備体制が敷かれていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中