2019年 10月 16日 (水)

「モノノフ」のマナーが悪すぎる? ももクロのライブで「着席」の新ルール

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   AKB48を猛追しているアイドルグループ、ももいろクローバーZのライブに異変が起きている。メンバーが観客席を歩いているとき、ファンは着席しなければいけないというもので、マナーの悪いファンが原因だとする説もある。

   ももクロは08年にデビューした。2012年7月にはフランスのジャパンエキスポでのライブを成功させるなど、今、人気上昇中のグルーブだ。

「着席」と「起立」をモニターで表示

   従来のアイドルにないアクロバチックなダンスなどが特徴で、ライブでこそ本領を発揮するグループと言われているが、2012年7月16日に愛知県の名古屋国際会議場で行われたライブで、少し変わったルールが導入された。

   メンバーのブログによると、ライブ中にメンバー達がステージを離れて観客席の通路を歩くことがある。その間、起立していた観客は席に座らなくてはいけない。着席中は、チアリーダーの動きのイメージで手を振りながら「エアーボンボン」でライブを楽しむのだという。着席と起立のタイミングは、会場にあるLEDモニターで表示する。

   ライブではスタンディングで振りコピ(メンバーの振り付けを真似ること)するなどして盛り上がりたいファンも沢山いるのに、着席とは一体どういうことなのか。関連は不明だが、このライブに先立って行われた14日の神戸、ワールド記念ホールでのライブでトラブルが起きたという声がネットに多数出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中