2018年 5月 24日 (木)

東電、管理職年収を30%減に 電気料金値上げ前に対応

印刷

   電気料金の値上げを前に、東京電力が2012年度から3年間、社員の1割を占める課長以上の管理職の年収を原発事故前から30%ほど減らすことが分かった。

   報道によると、政府が値上げ審査で原価圧縮を求めてきたことを受けて、東電も踏み切った。この削減を受けて、管理職の年収は平均830万円ほどになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中