2018年 7月 23日 (月)

生徒と性的関係で高校教師が懲戒免職 ネットでは「黙認すべき」論も出て盛り上がる

印刷

   静岡県の県立高校の男性教諭(25)が教え子の18歳未満の女子生徒の相談を受けているうちに性的関係になったことが発覚し、懲戒免職処分を受けた。ただし学校側は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反に当たるにもかかわらず刑事告発はせず、女子生徒の保護者からの強い要望で教諭の名前を発表しなかった。

   ネットではこの報道を受け、「真剣な交際なら黙認すべき」「二人を引き裂く懲戒免職は厳しすぎる」といった論調も出て盛り上がっている。

個人的な悩みを相談してから親密度が深まった?

   静岡県教育委員会は2012年7月23日に性的交際が発覚した男性教諭を懲戒免職にしたと発表した。きっかけは男性教諭が女子生徒から「勉強の相談をしたいからメアドを教えてほしい」と頼まれ、11年5月に自身の携帯電話のアドレスを伝えた。やがて個人的な悩みの相談にも乗るようになると親密さが増し肉体関係に発展。ホテルで11年8月と今年6月の2回性的行為に至った。

   県教委によれば、別の生徒が養護教諭に2人の関係が怪しいと申し出たため学校側が教諭と生徒に事情を聞き、今回の「事件」が発覚したという。

   教師と生徒が関係を持った際には「厳罰」が下され、懲戒免職になるケースが相次いでいる。10年6月には東京都で教え子の女子高校生とホテルや教諭の自宅で性行為をした男性教諭(28)が懲戒免職になった。「指導をしているうちに気持ちが高ぶった」と話し、恋愛感情があったと説明している。

   また、11年8月には神戸市立高校の40代の女性教諭が男子生徒に1年間にわたりってセクシュアルハラスメントを繰り返し懲戒免職になった。

「25歳男と18歳女で逮捕とかアホらしすぎる」

   今回の静岡県のケースについてネットでは報道から読み取れるのは年の近い若い男女の「純粋な恋愛」のようであるとして、

「もう相思相愛ならOKにしちまえよ。25歳男と18歳女で逮捕とかアホらしすぎる」
「こういうのは本人と保護者が別にいいなら自由恋愛じゃね。クビにするほどの事でもないような気が」

などといった意見がネットの掲示板やブログに多数出ている。

   県教委によると、今回の事件は県の定める「青少年のための良好な環境整備に関する条例」に当たるにもかかわらず刑事告発をしない理由は、教師に猥褻やセクハラをしようという目的はなく、生徒を誘惑したり追い詰めたりしたという経過が見られないためだという。男女の関係にあった女子生徒も不快な思いはしていなかった。教諭の名前を公開しなかったのは女子生徒の親の強い要望があったのも一因だが、生徒が特定される可能性があることも影響したらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中