2020年 11月 26日 (木)

日本発スマホアプリ「LINE」世界席巻へ 「通話無料」でユーザー5000万人突破

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   日本で企画・開発されたスマートフォン用の無料通話アプリ「LINE」が急成長し、サービス開始から約一年でユーザーが230カ国以上の5000万人になっている。

   ライバルのSNS「フェイスブック」や「ツイッター」は発信する情報がオープンになっているが、「LINE」は電話番号を知っているもの同士が電話やメール、チャットで情報交換できるクローズドSNS。年内にユーザーは1億人、3年後には世界最大のSNS「フェイスブック」の9億人を抜くのだという。

世界230カ国5000万人がダウンロードした

   運営しているのは韓国のインターネット事業最大手のNHNグループの日本法人NHNジャパン。NHNジャパンは2012年1月にネイバージャパンとライブドアが経営統合し誕生したが、11年6月23日からサービスを開始した「LINE」は、ネイバージャパンが独自で企画開発した。

   市場に投入したきっかけの一つは、11年3月に起きた東日本大震災だったという。「ツイッター」やブログを使い震災の状況を伝えたり、安否を確認したりすることはできたが、ネットを使って特定の友人や家族と簡単に連絡を取れる手段が必要と考えた。

   「LINE」は電話番号を知っているもの同士が無料で通話、メールやチャットができるアプリで、スマホの電話帳に登録し合っていることが条件になる。友人を「LINE」に招待し、「フェイスブック」などのSNSのように友達の輪を広げられるが、一番の違いは電話番号を登録し合っている人同士の「閉じたSNS」であるということ。不用意な発言をして外部の人から非難を浴びたり「炎上」したりすることはまずない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中