2021年 1月 26日 (火)

「どうせ何もしてくれない」 大津いじめで生徒が「学校不信」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「昔からやんちゃな学校だった」

   この学校についてある大津市議に話を聞いたところ、昔からいわゆる「やんちゃ」な生徒が多く、荒れている時もあれば、いい時もあるような学校なのだという。学校周辺は大阪や京都から多くの人が流入してきている地域で、人口が爆発的に増えており、色んな問題が起こりやすくなっているらしい。学校では先生と生徒との関係が表面的なものになっていて、生徒が「本音を言うと特定され、攻撃されるのでは」と危惧するのもその通りではないか、と話していた。

   担任の教師に関しては、県内でも一番真面目と思われる中学校から「やんちゃ」な中学校に赴任してきて、難しい問題に対応できなかったのでは、とのことだった。この市議が担任教師の元教え子から話を聞いたところ、体育会系の熱い先生だが、いじめに対してどうしたらいいのかわからなかったのではないかと言われたそうだ。悪い先生だという評判は聞かないという。この学校の他の教師に関しても特に悪い評判があるわけではなく、やはり教員や学校を統括している市教委に根本的に問題があると思う、と話していた。

   なお、滋賀県警は7月26日から、男子生徒が自殺した当時の在校生らへの事情聴取を始めている。聴取の対象はおよそ300人にのぼると見られており、いじめ問題でここまで大規模に警察が生徒から事情聴取をするケースは珍しい。インターネット上では学校や市教委の調査では明らかにされなかった実態を解明してほしいという声が上がっており、もはや今回のいじめ問題で学校の自浄能力に期待するという人はほぼいない状況だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中