2020年 10月 23日 (金)

「エロ本もAVも買ったことがない」 山下智久発言の意味するもの

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   アイドルグループ、NEWSから脱退し現在はソロで活動している歌手・俳優の「山P」こと山下智久さんが、雑誌のインタビュー記事で、「エロ本もAVも買ったことがない」などと語り、話題を呼んでいる。

   山下さんは2012年7月25日に、アルバム「エロ」をリリース。同日発売の「an・an」(マガジンハウス)にインタビュー記事が掲載された。

「でも、俺、買ったことがないんですよ」

   山下さんに「エロ」をテーマに語ってもらうという主旨で、前半からインタビュアーに「エロと聞いて、イメージするのは?」と聞かれ「エロ本? ごめんなさい(笑)。でも、俺、買ったことないんですよ、ほんとに。そういうビデオも持ってないし」と話す。

   ただ、性欲がないとかではないらしく「自分はエロいと思うか」という質問には「人並みに。気づかないうちに女性を目で追ってしまっていることがある。そういうときは、俺、スケベだなあと思う」と返答。「最近、(おしりより)おっぱいのほうが好きかも。やっぱ、おっぱいで育ってるから(笑)」とも話している。

   これがツイッターや2ちゃんねるで注目を集めている。特に、「エロ本もAVも買ったことがない」というくだりに対して

「ここまでイケメンやとエロ本とか必要ないもんなw」
「そうか…女に困った事ないって事か…」
「山下智久だからエロ本とAV買ったことない」

といった感想が寄せられた。「エロ本の自販機に金を飲まれた思い出がないヤツは、本当の悲しみや憤りを知らぬ青二才と心得よ」なんてものもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中