2019年 2月 21日 (木)

闘争心むき出しの「野性児」「暗殺者」 柔道金メダルの松本、海外でも好感度アップ

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

「勝利への執念がはっきり分かった」

   大学時代の同級生は「普段の松本選手は、どちらかと言うと天然」と暴露する一方、「練習の様子を見ると『殺し屋』みたいだった」。オンとオフを素早く切り替え、学生の頃からメリハリをつけられる性格だったと考えられる。

   松本選手の金メダルは、海外メディアにも報じられた。「素早くて攻撃的、意志の強さが全試合を通して出ていた」(ロイター通信)などと称賛しているが、試合直前の「気合」についてまで言及しているところはない。一方、ツイッターを見ると外国人の中で松本選手に関する投稿がいくつかあった。「見た目が怖い」(ロンドン在住女性)「モンスターだ」(英国人)という感想もあったが、「勝利への執念がはっきり分かった。感動した」(米国人)「柔道に集中していた」(日本在住の米国人)と、厳しい表情から松本選手の金メダルに対する強い気持ちを感じ取った人もいたようだ。中には、日本に住む英会話講師のこんなツイートもある。

「松本選手、好きになった。彼女のスタイル、不屈の闘志が素晴らしい」

   鬼気迫る表情がきっかけとなって、今後外国人のファンが増えるかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中