2019年 3月 24日 (日)

グラドル手島優「2歳サバ読み」 ロンブー田村も寛容ツイート

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   グラビアアイドルの手島優さん(29)がテレビ番組で、年齢をサバ読んでいたことを告白した。公称は「1984年生まれ」だったが、実は82年生まれだったと暴露、もうじき三十路に突入するという。

   アイドルとして年齢は生命線と思われるが、意外にも怒りの声はほとんど聞かれず、むしろ受け入れられているようだ。もはやグラビアアイドルにとって年齢は問題ではないのだろうか。

「芸能界にどうしても入りたくて、サバ読ませてもらった」

悩みを隠した笑顔だったのか(2010年8月撮影)
悩みを隠した笑顔だったのか(2010年8月撮影)

   手島さんは2012年7月29日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に生出演した。

   番組内で、テリー伊藤さんが美女とともにキャンプ術を指南する「テリー伊藤のモテキャンプ」というロケのVTRに、同じ事務所に所属する岩佐真悠子さん(25)と林弓束さん(25)と共に登場。キャンプ場で料理している間、テリーさんに「話したいことがあるって言ってたよな」などと促され、手島さんは「実はですね…私、プロフィール上では、来月の27日で28歳になるんですけど、本当は30歳になるんですよ」「2歳ほどごまかしていた」と暴露した。

   スタジオでは年齢をサバ読んだきっかけについて説明した。以前所属していた事務所でデビューが決まった際、本当は21歳だったが、当時グラビアアイドルは10代でないと売れないと言われていた。「本当に入りたかったんです、芸能界に!芸能界にどうしても入りたくて!」という熱い気持ちを持っていた手島さんは、「2歳サバ読ませて下さいって言って、私自ら」「すごいお願いして、読ませてもらいました」と明かした。

   いま告白した理由については、隠していたことがどんどん心苦しくなり、事務所の社長や岩佐さんと相談して、ちょうど30歳の節目だということで発表することを決めたのだという。サンデー・ジャポンを選んだのは「サンジャポ最近イジってくれない」からだそうで、自らネタを提供しようと思ったようだ。

   同じくゲストで出演していた女医の西川史子さんは「2個ぐらいどうでもよくない?」、お笑い芸人の椿鬼奴さんは「年齢サバ読みっていうのは1つのイベントとしてやってみたい」などと話しており、スタジオでは非難されるどころか受け入れられ、笑いのネタとしてとらえられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中