柔道日本男子、史上初金メダルゼロ 100キロ超級上川選手2回戦敗北で

印刷

   ロンドンオリンピック第8日目となる2012年8月3日、柔道男子100キロ超級の2回戦で、日本の上川大樹選手(京葉ガス)がベラルーシのイガル・マカラウ選手と対戦し、優勢負けした。敗者復活戦には進めず、上川選手のメダル獲得はならなかった。

   これで、柔道日本男子は金メダルゼロが確定した。オリンピック種目として正式採用された1964年の東京大会以来、初めてとなる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中