2019年 7月 21日 (日)

仙台の高2生徒「根性焼き」 学校側「いじめと断定できない」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   男子生徒が「根性焼き」のいじめを受けたと訴えていることについて、仙台市内の私立高校は、取材に対し、合意があったと認識しているとして、いじめかどうかは断定できないと明かした。しかし、男子生徒側は反発しており、ネット上でも疑問が相次いでいる。

   この2年男子生徒(16)の母親がJ-CASTニュースの取材に答えたところによると、2012年5月下旬にタバコの火で左腕を23か所もやけどしたことについて、当初は「自分でやった」と両親らに説明していた。

男子生徒「根性焼きは強要された」

   学校側と7月14日に話し合ったときにも、そのことを明かし、男子生徒は喫煙のことも含めて反省していると話した。17日には、担任教師からクラスに説明があり、男子生徒はその場で「根性焼き」の跡をほかの生徒に見せたとして謝罪した。担任も、本人は後悔しているとして、生徒たちに茶化したり脅したりしないように求めたという。

   ところが、この日の昼休み、男子生徒を殴ったり蹴ったりしていた同級生3人がほかの生徒らとともに、男子生徒を取り囲んで詰問した。ほかに根性焼きしている複数の生徒のことを父親が学校にばらしたのか、タバコを吸っている複数生徒の写真を先生に見せたのか、などというものだった。男子生徒はいずれも否定したが、3人のうち1人が太ももを蹴ってケガをさせた。

   男子生徒は、帰宅後に様子がおかしくなり、その日以来学校に行けなくなった。両親が心配して聞いたところ、この日の暴行などを明かしたほか、根性焼きは強要されたものだと告白した。しかし、このことを担任に話すと、「どうしてウソをついたのか」と言われたという。

   その後、学校側は8月3日に「謝罪会」を開き、3人にこれまでの暴行を謝罪させた。一方で、この男子生徒の根性焼きには、3人とは別の同級生が関わっているが、男子生徒が依頼しており、合意があったとした。そして、男子生徒がほかの生徒にやけどの跡を見せて恐怖心を与え混乱させたとして、退学を求めた。

   男子生徒の母親は、こうした学校の対応に疑問をぶつける。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中