ドコモ国際ローミング通信障害、15日に完全復旧

印刷

   NTTドコモは2012年8月15日、13日から続いていた国際ローミングサービス「WORLD WING」の障害が15日に完全復旧したと発表した。

   障害は13日18時24分から15日2時13分まで、WORLD WINGを提供する220の国と地域で音声、パケット通信が利用しづらい状況が続いたというもので、原因は国際ローミングの通信集中による混雑としている。

   WORLD WINGは8月2日から3日にも障害を起こしており、その時は国際電話用交換機の故障が原因だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中