2019年 7月 17日 (水)

頭にターバン巻いて国歌独唱 レゲエ歌手に「マナー違反」と非難

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   サッカー国際親善試合「キリンチャレンジカップ2012」の日本対ベネズエラ戦で、レゲエグループ「湘南乃風」メンバーのHAN-KUNさんが国歌独唱の大役を務めた。

   HAN-KUNさんはトレードマークのターバンを取らずに歌ったのだが、インターネット上では「マナー違反だ」という批判の声が上がっている。

黒いスーツに目が隠れるほどのターバン

   親善試合は2012年8月15日に北海道・札幌ドームで開催され、TBS系列で全国に生中継された。

   試合開始前、HAN-KUNさんが君が代を独唱した。黒いスーツと白いシャツ、青いネクタイに身を包み、頭には目がほぼ隠れてしまうほど大きなターバンをぐるぐると巻いていた。

   歌いっぷりは堂々としたものだったが、中継を見ていた人はツイッターや2ちゃんねるで「国歌歌うのにターバン巻いてんじゃねーよ、コラぁ!!」「帽子被って国歌とかありえないだろ、周りも注意しろよ」など、起立・脱帽がマナーとされる国歌斉唱において、ターバンを取らずに歌ったことを批判する書き込みを投稿した。

   さらにHAN-KUNさんが国歌を歌っている動画がYouTubeにアップされると、コメント欄には「これはバッシングされて当たり前。国歌斉唱で終戦記念日だったのにもかかわらずターバン取らなかったのがいかん」「これは不敬行為とみなされてもしょうがないね」など、やはり批判意見が寄せられた。

   一部のファンは「ターバンはHAN-KUNのチャームポイントなんだよ わかってねぇやつはすっこんでろ」「ドイツもこいつもHAN-KUNの良さを分かってない!!」などと反論しているが、「国際的道理に照らしても着帽(ましてやターバン)での国歌斉唱は不適切なんだから、そのアーティストが良いか悪いかの話じゃないだろ」と一蹴されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中