「原発ゼロ」7割 政府の意見聴取会で

印刷

   政府は2012年8月17日、今後のエネルギー政策についてのパブリックコメントと意見聴取会のアンケート調査で寄せられた意見を、内閣官房国家戦略室の公式サイトで公表した。

   意見聴取会は全国11都市で7月14日~8月4日にかけて開催され、原子力発電への依存度をゼロにすべきと回答した人が全体で約7割にのぼった。

   今回公表したパブリックコメントとアンケートは政府の集計や分析を加えず寄せられた意見を羅列した、いわゆる「生データ」だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中