女性1人で深夜に移動は危ない ルーマニア殺害女子大生はツイッターで不安訴えていた

印刷

   ルーマニアの首都ブカレスト郊外の森林で、日本人女性の遺体が2012年8月18日発見された。所持品などから、現地警察と日本大使館が、女性の身元を兵庫県出身の女子大生 (20)と確認した。この女性の名義で書き込まれたツイッターやフェイスブックのアカウントの存在が明らかになっており、それによると、女性は聖心女子大学に通っている。

   ツイッターには、「一人で深夜電車に3時間乗らなきゃだから、それが最大の不安」と、女性が現地に向かうまでの無防備な様子もつづられている。

現地の男とタクシーに乗り込むところを目撃される

   現地メディアによると、女性は学生団体の海外インターンで、ブカレストから西に約420キロ離れたクラヨーヴァに向かう予定だったが、遺体はブカレストから北に50キロ程度離れた地点で発見された。解剖の結果、女性は首を絞められて殺害されたとみられている。

   女性はブカレスト空港到着後、現地の男とタクシーに乗り込むところを目撃されており、違法タクシーに連れ込まれた可能性もある。ブカレスト郊外に住む26歳の男が、女性を殺害した容疑で逮捕されたが、男は容疑を否認しているという。

   この女性の名前で書き込まれたフェイスブックやツイッターによると、女性は学生団体のインターンシップで日本語を教えるためにルーマニアに派遣されたようだ。

   出発前の8月9日には、

「ルーマニア人みんな優しすぎて、研修すーっごい楽しみになってきたーー!!!!!」

と、インターンへの期待をつづっていたが、成田空港を出発した8月14日には、

「楽しみのわくわくと不安が共存してるよね」

と明かし、

「胸がきゅんと痛い(本気)そして吐きそう」

という不安も訴えている。

経由地のウィーンでは「テンション上がってお買い物した~!」

   8月15日には、

「ウィーンなうううう!!!!」

と、経由地のウィーンに着いたことを報告。

「音楽の都ウィーン!!テンション上がってお買い物した~!」

と滞在を満喫している様子だ。ただし、ブカレストへのフライトを前に、

「ルーマニア着いてから一人で深夜電車に3時間乗らなきゃだから、それが最大の不安というか何というか辿り着けたら奇跡だと思う」

と、女性1人でルーマニア国内を深夜に移動することに不安を感じていたようだ。女性のツイートは

「それでは、いざブカレストへー!!!」

という同日の書き込みを最後に途絶えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中