韓国への抗議決議案を衆院で可決

印刷

   衆議院は2012年8月24日午後の本会議で、韓国の李明博大統領の竹島上陸と天皇陛下への謝罪要求、香港の民間活動家らによる尖閣諸島不法上陸に抗議する決議案を採択した。

   2つの決議案は民主、自民、みんなの党など6会派が共同で提出し、共産、社民を除く各党の賛成多数で可決した。竹島をめぐる国会決議は、韓国が沿岸水域の主権を示す「李承晩ライン」を一方的に設けた後の1953年の「日韓問題解決促進決議」以来59年ぶりとなる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中