2018年 7月 21日 (土)

日本人気バンドをフェスから当日「追放」 「尖閣」めぐり中国異例の強硬策

印刷

   尖閣諸島の領有問題をめぐり日中間の緊張が高まる中、中国・貴陽で開催されるライブイベント「YOGA MIDIフェスティバル」に出演予定だった日本のロックバンド・LOUDNESS(ラウドネス)が当日の2012年8月24日、中国政府からの要請で突然出演を中止させられた。

   ラウドネスは1981年結成、日本ヘヴィメタル界の草分けとして30年にわたって活動を続ける国際的人気バンドだ。24日夜のステージに登場する予定で、メンバーは前日夜に南西部の地方都市・貴陽に到着、当日の朝にはボーカルの二井原実さんがブログを更新し、「超絶シャウト行けるぞ~~~!!」とやる気をみなぎらせていた。

私服の公安がメンバーを監視

「YOGA MIDIフェスティバル」タイムテーブル。24日の欄にラウドネスの名が見える(同イベントのフェイスブックページより)
「YOGA MIDIフェスティバル」タイムテーブル。24日の欄にラウドネスの名が見える(同イベントのフェイスブックページより)

   イベント責任者から出演中止が告げられたのは、その直後のことだった。上の投稿から1時間半後、二井原さんはブログを再び更新、

「日中問題悪化により、中国政府からの要請でLOUDNESS出演出来なくなりました……」

と発表した。世界各国でライブを行ってきたラウドネスだが、「政治的な問題でコンサートキャンセルされたのは初体験」。その上外出すると、「私服公安」が常に数人がかりで尾行してくるという厳戒態勢だったといい、結局二井原さんはほぼ丸一日、ホテルに缶詰状態だった。

   二井原さんは突然の中止に肩を落としつつ、

「中国政府のライブ中止要請は、考えようによっては、暴動が起こって日本人のメンバーやスタッフの怪我や命の危険の回避と言う側面もあるのか? いやいや、中国政府の本音は観客の暴動から反政府抗議運動に発展するのを回避する……やろなきっと」

と中国側の思惑を推測する。

   ネット上では、バンドがジャケットなどに「旭日旗」を好んで使うことを恐れたのではという見方もあるが、いずれにせよ当日になっての出演中止、また当局からの監視など、異例の事態には間違いない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中