2019年 12月 7日 (土)

「韓流タレント入国禁止案」も 年末歌番組のK-POPはどうなる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   李明博大統領の「天皇陛下に謝罪要求」発言や野田佳彦首相の親書返送問題などで、日本国内の反韓感情は徐々に高まってきている。国会でも「韓流スターにビザが下りないようにするなどの措置を」という提案が出されるほどだ。

   「レコ大」や「紅白」など年末の歌番組でもK-POP勢がおなじみとなりつつあるが、今年は出演できるのだろうか。

反日タレントに「なぜかビザが下りない」提案

   2002年にBoAさんがNHK紅白歌合戦に出場してから、年末の歌番組にK-POP歌手やグループが目立つようになってきた。11年には、フジテレビ系「FNS歌謡祭」にはKARA、少女時代、BoAさんの3組。テレビ朝日系「ミュージックステーションスーパーライブ」には東方神起、少女時代、KARAの3組。NHK紅白歌合戦にはKARA、少女時代、東方神起の3組が出演。TBS系「日本レコード大賞」では優秀作品賞に東方神起、新人賞に2NE1がノミネートされた。

   しかし昨今の日韓関係悪化で、インターネット上では「韓流は自粛を」「K-POP不要」という声も上がっている。

   追い討ちをかけるように、みんなの党の浅尾慶一郎衆議院議員が2012年8月23日の衆議院予算委員会で

「有名な韓国の映画俳優等も泳いで竹島に行っているということでありますけれども、泳いで行っている人が仮に何らかの営業目的で日本に来る場合当然ビザが必要になってくるだろうと。なぜかそういう人にはビザが下りないっていうことで、ある種のメッセージを送るってことも、(中略)そういうことを何か決めておくということは、重要なんではないか」

と、政治的パフォーマンスを行う韓流タレントの入国ビザを止めることを提案。これを受けて、インターネット上では「出稼ぎ韓国人は入国禁止」「野放図な反日韓流スター流入には断固反対」などと書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中