2018年 7月 22日 (日)

太陽電池の国内出荷、4~6月72%増 3割が輸入品

印刷

   太陽光発電協会によると、2012年4~6月期の太陽電池の国内出荷量は44万5200キロワット(発電能力ベース)と前年同期に比べて72%増となった。8月28日に、同協会が発表した。四半期ベースでは過去最高で、太陽電池の国内需要は急拡大している。

   住宅用ソーラーが38万3300キロワット、同71%増と好調に伸びたほか、7月からの再生可能エネルギー全量買い取り制度の導入を前に、メガソーラー向けが拡大。メガソーラーを含めた非住宅用は、6万1100キロワットと82%増となった。

   また、国内出荷量に占める輸入ソーラーの比率は29.6%となった。2008年は1%未満だったが、全量買い取り制度の導入に伴い日本市場の拡大をにらんで、中国メーカーなどの海外勢が低価格攻勢でシェアを伸ばした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中