2018年 7月 23日 (月)

日経平均、1か月ぶり8700円台 円高懸念で

印刷

   2012年9月3日の東京株式市場で、日経平均株価が8月7日(8711円90銭)以来、約1か月ぶりに8800円台を割った。前場で前週末に比べて66円51銭安の8773円40銭まで下げ、その後一時8800円台に戻したが、終値は56円02銭安の8783円89銭で引けた。

   外国為替市場で円相場が1ドル78円台前半で推移し、円高懸念が相場の重荷になっている。ユーロは午前に、前週末に比べて29銭の円安ユーロ高の1ユーロ98円半ばで推移した。

   個別銘柄では、昭和シェル石油、国際石油開発帝石の石油関連株や双日などの商社株、ホンダやクボタ、横浜ゴム、川崎汽船などの海運株も下げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中