橋下大阪市長ウォッチ
「そのまま横滑りという訳にはいかない」 新党では党首選を実施する方針

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年9月7日朝の囲み取材で、近く「大阪維新の会」を母体に発足させる国政政党について、改めて党首選を行う必要があるとの考えを示した。

   首相公選制についての考えを問われた橋下市長は、

「政党の代表と(首相という)国政を直接マネジメントする立場とは若干違いがあると思うが、首相公選制で公開討論をしないといけないと言っておきながら、維新の会の代表を選ぶやりかたはどうなんだ、という批判については、これから応えていかなければならない」

と、党首選びのあり方について言及。その上で、

「国政政党ということになると、大阪府民、大阪市民から直接選ばれた僕が、国全体の政治に関与するような政治グループの代表に、そのまま横滑りという訳にはいかないのではないか」

と述べ、公開討論などのオープンな手続きで改めて党首選を行う考えを示した。維新の会は、国政政党の党首に橋下氏、幹事長に松井一郎大阪府知事(維新の会幹事長)をあてる方針だが、橋下氏は、この体制を「会社法で言う準備会社みたいなもの」と表現。あくまでも一時的な体制だと強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中