「関東連合」元リーダー、詐欺容疑で逮捕

印刷

   警視庁は2012年9月7日、他人名義で自宅マンションの賃貸契約をしたとして、暴走族グループ「関東連合」の元リーダー・石元太一容疑者(30)を詐欺容疑で逮捕した。

   読売新聞の報道などによると、石元容疑者は11年8月、別の男が住むと偽って、自分の住むマンションの部屋を不正に契約した疑いが持たれている。調べに対し、「(元暴走族リーダーとして)有名になってしまい、審査が通らなかった」と供述しているという。

   また、09年9月から10年3月頃、別の振り込め詐欺事件の容疑者から、石元容疑者の携帯電話に毎日報告メールが送られており、警視庁は関連を調べている。

   石元容疑者は10年11月、飲酒中に歌舞伎俳優の市川海老蔵さんとトラブルになり、同席していた後輩が市川さんにけがを負わせていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中