沖縄で「オスプレイ反対」県民大会 10万人参加

印刷

   米軍新型輸送機MV-22オスプレイの米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の配備にハン値する県民大会が2012年9月9日、宜野湾海浜公園(同)で開かれた。主催者発表によると10万1000人が参加。「これ以上の基地負担を断固として拒否する」などして、オスプレイ配備計画の撤回と普天間飛行場の閉鎖・撤去を求める決議文を採択した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中