中国船6隻、尖閣周辺の領海内侵入 3隻は航行続ける

印刷

   沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺で、2012年9月14日6時20分頃から7時すぎにかけて、日本領海内に中国当局の監視船6隻が相次いで侵入したのを海上保安庁の巡視船が確認した。

   最初に侵入した2隻は8時前、後で侵入した4隻のうち1隻は8時30分頃領海を出たが、後で侵入した3隻は12時現在、まだ領海内を航行している。海上保安本部は領海外に出て行くよう警告している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中