2019年 8月 26日 (月)

任天堂「Wii U」を「買わない」が86%? ネットアンケートに不正見つかり投票やり直し

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   任天堂の次世代ゲーム機「Wii U」の発売日が2012年12月8日に決まったが、ニュースサイト「ITmedia(アイティメディア)」が、Wii Uに関するアンケートを取ったところ、「買わない」と回答した人が86%にもなった。

   ネットではアンチ任天堂の組織票ではないか、などと騒動になった。ITmediaは不正が見つかった、としてアンケートをやり直した。いったいどんな不正だったのか。

アンチ任天堂の組織票工作ではないかと大騒ぎ

   ITmediaがサイト内のコーナーで「Wii U」に関するインターネットアンケートを開始したのが12年9月13日の午後5時頃だった。それが翌日14日の午後2時の途中経過で「Wii Uを買いますか?」の質問では、「買わない」が86%、「買う」が12%。「どちらか決めてないけど買う」「分からない」がいずれも0%になった。

   「Wii U」は全世界で約9500万台出荷した大人気家庭用ゲーム機「Wii」の後継機で、ゲームファンは発売を楽しみに待っている。しかしこのアンケート結果は意外だとしてネットで騒ぎになった。

   初めはアンチ任天堂の工作で組織票が投入された、との見方もあったが、それにしては数字のバラつきが変だという意見が出て、「2ちゃんねる」では14日の午後2時過ぎ、「不正なシステムが見つかった。ITmediaに通報しよう」との呼びかけが起こった。

   今回のこの不正システムは、「2ちゃんねる」などに偽装されたURLが張られたもので、知らずにこのURLをクリックしてしまうとITmediaの投票所につながり、自動的に「買わない」に票が投じられるようにしたものらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中