2019年 12月 15日 (日)

アジカン後藤、自民党批判ツイート ファンからは「まーくんかっこいー!」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   自民党総裁選が2012年9月14日に告示され、26日の投開票に向けて各候補がアピール合戦を繰り広げている。

   このところの世論調査では自民党への支持率が急上昇、総裁選を制した候補が首相になるのではという見立てもある。メディアでは各候補の主張を、すっかり落ち目になった民主党の代表選以上に手厚く報道しているが、あるミュージシャンがツイッターで自民党への怒りをぶちまけた。

「石原氏、経団連のお偉方には何と言うのか」

   自民党に「もの申した」のは、ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアンカンフージェネレーション)」のボーカル&ギター・後藤正文さんだ。

   後藤さんは9月15日、ツイッターで

「昨日の夜、久々にテレビ点けたら自民党総裁候補たちが精神を勃起させながら嬉々!って感じで己をアピールいましたが、総選挙になってもお前らには入れんからな!と、画面に向かって粋がってみたロック歌手、マー君(私のこと)でありました。茶番。」
「石原氏にいたっては『国民は多少の負担増は国への愛として我慢しろ』というようなことを言っておりました。電気代があがったらで国を棄てて海外に工場を移転するぞ!などと言っている経団連のお偉方などには、何と言ってやるのか気になるところです。(マー君 30代 自称ロック歌手)」(原文ママ)

とツイートした。

   後藤さんのツイートに対し、フォロワーからは「同意!」「まーくんかっこいー!」「石原氏にはもうありとあらゆる件で呆れております」など賛同のツイートが寄せられた。また、「私も自民党の党としての姿勢が気に入らないです!過去の自分たちのしてきた事をどう思ってるのかと」「なんか言って欲しいですね~。(石原氏の)父親であるあのクソジジイにも、びしっと経団連に言って欲しい。保守の骨頂を見せて欲しい」など、具体的な意見も見られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中