2019年 9月 22日 (日)

女性客室乗務員の尻を次々に触る 日本人会社員がシンガポールで罰金刑

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本人の男がシンガポール行きの便で客室乗務員(CA)に痴漢行為をしたとして、現地で罰金刑を受けたことが明らかになった。法廷では「ここ数年は体調が悪い」などと情状酌量を求めた末での判決だが、場合によっては懲役2年の刑を受ける可能性があった。

   「ストレーツ・タイムズ」などの現地主要紙によると、罰金刑を受けたのは67歳の会社員の日本人の男。

CAはギャレーの台に並んで書類を書く作業をしていた

事件は東京発シンガポール行きの便で起きた(写真は羽田空港を出発するシンガポール航空便)
事件は東京発シンガポール行きの便で起きた(写真は羽田空港を出発するシンガポール航空便)

   男は2012年8月6日の深夜1時20分ごろ、東京発シンガポール行きのシンガポール航空機内で、トイレに行くために席を立った際、28歳の客室乗務員の尻を触った疑いが持たれている。

   当時、複数のCAがギャレーの台に並んで書類を書く作業をしており、客席に背中を向けた状態だった。最初に被害を受けたCAは、男の手が偶然に尻に触れたと思っていたが、別の32歳、28歳のCAも尻を触られたことを訴えた。さらに、男は別の32歳のCAにも痴漢行為を行ったという。

   男が問われたのは、「慎みを侮辱する」(outrage of modesty)罪。具体的には「不適切な形で他人、特に女性に触れること」が想定されているようだ。有罪が確定した場合、最大で懲役2年または罰金、あるいはその両方が課せられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中