2018年 7月 20日 (金)

12年のIPO件数「右肩上がり続く」東証社長

印刷

   東京証券取引所の斉藤惇社長は、2012年の企業による新規株式公開(IPO)件数について、「右肩上がりが続く」との見通しを示した。9月25日に開いた定例記者会見で述べた。

   日本航空(JAL)をはじめ1~9月末までのIPO件数は、東証で15社と「前年同期より4社ほど多い」ことを強調。東証以外の市場を含めると26社に達している。

   通常は10月以降にIPOが増える傾向にあることから、リーマン・ショックが起こった2008年のIPO件数(東証で19社)を超えることに期待感を示した。

   また、「IPO企業に対する投資家の期待は高いとはっきり言える」とも話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中