2018年 8月 20日 (月)

ミスド半額セール「品切れ閉店」続出 店員ストレス「暴言」つぶやき「炎上」

印刷

   ドーナツチェーン「ミスタードーナツ」の半額セールが始まったが、初日の2012年9月26日から買い物客が殺到し、製造が間に合わずに臨時閉店する店も出た。運営会社のダスキンは27日にドーナツの品切れや休店する店舗が出たことについて謝罪することとなった。

   また、あまりの人気に店員の疲労度はピークに達しているようで、「ツイッター」で、客に対し「店に来られるのは迷惑」「貧乏くさいし乞食かよ」などとつぶやいて非難が殺到し、「炎上」する騒ぎも起こった。

26日から30日まで15種類のドーナツが半額

   ミスタードーナツの半額セールは9月26日から30日にかけ一部店舗を除き全国の店舗で行われていて、半額になる対象商品は15種類で、例えば定番商品の「オールドファッション」は通常126円のところ63円になる。

   26日からネットでは

「ミスドに来たら店の外までロープ張られてて大行列」
「昼に買いに行ったら30分待たされたわwwしかも買い終わった後も列が全然短くなってない」

などと騒然となり、製造が間に合わずに一時閉店を余儀なくされたショップの写真をネット上にアップする人も現れた。

   運営するダスキンは27日、公式ホームページに

「一部のショップで対象商品の品切れが発生し、閉店時間の繰り上げや一時的に休店をさせていただきました。お客様にご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」

という謝罪文を掲載することになった。

   こうした混雑は店員にとって相当なストレスなのだろう、「ツイッター」を使って現状を報告する人も現れた。26日には女性店員と思われる人物が、

「ミスド店員からするとほんま迷惑なんです。ドーナツ作る側の気持ちも考えてくれお願いだから」

とつぶやいた。

「アホみたいに買ってくバカどもなんなんだよ」

   こんなに忙しくても自分たちの時給は変わらないだろうし、半額セールだから全然利益にならないというのだ。そしてストレスがピークに達したのか、

「ていうかアホみたいに買ってくバカどもなんなんだよ そんなに買ってくえんのかよ 貧乏臭いしコジキかよ キモイわ」

と書き込んでしまったため、どんなに忙しくても店員が発言してはならない言葉だとして批判が集中。誰の「ツイッター」なのかという詮索が行われ、ネットに本名と顔写真などが晒されることになってしまった。女性店員と思われるこの人物は27日に「ツイッター」を削除したため、現在は見られなくなっている。

   ダスキンに今回のセールの人気ぶりについて問い合わせたところ、同社広報では

「まだセールが始まったばかりのため今の時点ではなんともいえません」

ということだった。「ツイッター」でつぶやいた店員に関しては

「事実関係を現在調査中です」

ということだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中