テレビ・映画で母親役 女優・馬渕晴子さん死去

印刷

    映画やテレビドラマで活躍した女優の馬渕晴子さんが2012年10月3日、肺がんのため都内の病院で死去した。75歳だった。

   東京都出身。1954年に映画「女人の館」でデビューし、59年に主演したテレビドラマ「あの波の果てまで」で人気を集めた。結婚で芸能界を一時離れたが、75年の映画「祭りの準備」で存在感のある母親役を演じたほか、76年のNHK連続テレビ小説「雲のじゅうたん」などにも出演した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中