2019年 1月 17日 (木)

田中真紀子大臣のちゃぶ台返し 3大学不認可に「やっぱり」の声

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   田中真紀子文科相が独断で3大学新設を却下したことについて、「予想通りの展開」と指摘する声が相次いでいる。それでも任命されたのはなぜなのか。

   田中真紀子大臣は、就任時に「役所と対立するつもりはありません」と話していた。しかし、それが芝居であったかに思えるような、ちゃぶ台返しをしてきた。

新設遅れ、損害賠償の対象になる可能性

   3大学の新設を認めないと2012年11月2日に言い出したことは、田中氏以外は寝耳に水だったようだ。前日に、多くの手順を踏んできた大学設置・学校法人審議会が認可すべきとの答申をしたばかりだったからだ。

   田中氏は、不認可の具体的理由は言わず、大学が増えすぎて質が下がり、就職の問題が出てきていると一般論だけを口にした。審議会の委員29人中22人が大学関係者で、内輪で決めているのも問題だという。10月に創造学園大などを運営する堀越学園に文科省が解散命令を出したことを挙げ、田中氏は、「(大学新設を)安直に認めると、教育の現場が混乱するんです」とまくしたてた。

   これに対し、3大学側は、相次いで会見し、「残念という言葉を超えて暴挙だ」などと田中氏を指弾した。秋田公立美術大の開設を進める秋田市では、行政訴訟を検討していることを早くも明らかにした。13年度の新設は難しく少なくとも1年後になるとの見方が出ており、損害賠償の対象にもなりそうだ。

   新聞各紙も厳しい論調が多く、田中氏は政治主導というより「裁量権の逸脱」であり、不満があれば手順を踏んで新委員でやるべきだなどと指摘している。ネット上でも、批判が相次いでおり、「言ってることはともかく、やり方が思いつきすぎる」「参入を減らしたいのなら、それなりの手続きってもんがあるだろうが」といった声が出ている。

   町村泰貴北大教授は、ブログで「需要の増加が見込めないのだから新規参入は制限しますというのでは、既存の大学は既得権益化し、はなはだ不健康な村社会的風土が醸成されるかもしれない」と指摘した。田中氏は、既設大学の16学部、13大学院は今回認可しているからだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中