2018年 7月 24日 (火)

10月の携帯電話純増数、首位はソフトバンク、NTTドコモ大敗

印刷

   2012年10月の携帯電話契約件数は、新規契約から解約を差し引いた純増数でソフトバンクモバイルが28万4200件と10か月連続で首位となった。2位はKDDIで23万8800件の純増。3位のNTTドコモは7200件の純増にとどまり、ケタ違いの大敗を喫した。契約件数は3社が11月7日にそれぞれ発表した。

   9月に発売された米アップルのスマートフォン「iPhone5」の人気が続き、同商品を取り扱っていないNTTドコモからの「転入者」がKDDIやソフトバンクに流れた。

   番号持ち運び制度で、KDDIは15万2700件の転入超過。iPhone5の人気に加えて、提携するケーブルテレビの加入者などにスマホの通信料を割り引く「auスマートバリュー」や、他社からの転入者に基本料金を割り引く「女子割」「男子割」などの割引サービスが好調だった。

   ソフトバンクは3万7900件の転入超過。NTTドコモは18万9800件の流出超過だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中