2018年 7月 23日 (月)

10月のタブレット端末シェア 「アンドロイド」が「iPad」抜く

印刷

   2012年10月のタブレット型端末の国内販売シェアで、米グーグルが開発した基本ソフト(OS)「アンドロイド」の搭載機が、米アップルの「iPad」を初めて抜いたことが、調査会社BCNの調べで2012年11月8日までに分かった。

   BCNに取材したところ、10月のシェアはアンドロイド端末が58.1%、iPadが40.6%となった。グーグルが9月下旬に発売した「ネクサス7」が、シェアを押し上げたとみられる。11月には「iPadミニ」が登場するなど、今後も「2強」の争いが続きそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中