2019年 9月 15日 (日)

ソーシャルゲーム「GREE」「モバゲー」囲い込み ヤフーのスマホ事業新展開は成功するのか

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   ヤフージャパンがスマートフォン事業拡大に本格的に乗り出した。その第一弾としてGREE、「モバゲー」のディー・エヌ・エーと包括的業務提携を結び、相互乗り入れやソーシャルゲームの共同開発などを手掛けるという。

   ネット事業の主戦場がスマホに移る中で、PC界の巨人ヤフーはアップルの「iPhone」などに遅れを取っている。果たしてヤフーのスマホサイトはゲームでの巻き返しを図れるのか。

各種コンテンツの連携と共同の事業開発を行う

   ヤフーとGREEの包括的業務提携は2012年11月8日、ディー・エヌ・エーは翌日の9日に発表された。8日の時点でヤフーのスマートフォン版トップページにはGREEの大人気ゲーム「探検ドリランド」へのリンクが張られている。

   GREEに関してヤフーは今後、各種コンテンツとGREEのSNSとの連携、GREEでの買い物の料金支払いの一部をヤフーのシステムで行うことや、ゲーム開発を含めた共同の事業展開を検討していくのだという。

   ディー・エヌ・エーとは2年前にパソコン上でゲームが遊べる「Yahoo! Mobage」サイトを開設。現在は有効会員数900万人以上を誇り、この提携の成果をスマートフォン事業に拡充していくと発表した。

   ITジャーナリストの井上トシユキさんによれば、国内で最も伸び盛りで収益力のあるソーシャルゲームのGREEと「モバゲー」のディー・エヌ・エー。この2社を囲い込むヤフーの巧みな戦略が垣間見えるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中