2020年 8月 16日 (日)

トヨタの小型HV車「アクア」絶好調 しぼむ?EV市場

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   トヨタ自動車の小型ハイブリッド車(HV)「アクア」の2012年10月の販売台数が2万4192台となり、HV車の「代表格」で同じトヨタの「プリウス」(1万8116台)を抜いて初の首位に躍り出た。

   アクアは11年12月に発売。最低価格は169万円からで、プリウスよりも50万円ほど安いことが人気につながっているようだ。

燃費性能のよい小型車や軽自動車が人気

トヨタの小型HV車「アクア」は売れ行きが好調だ
トヨタの小型HV車「アクア」は売れ行きが好調だ

   日本自動車販売協会連合会が2012年11月6日に発表した10月の車名別販売台数ランキング(乗用車)によると、プリウスが首位の座を明け渡したのは17か月ぶりのこと。アクアの販売台数は、軽自動車を含めてもホンダ「N BOX」の1万8203台を抑えてトップだった。

   アクアは排気量1500ccの小型車。HVシステムをプリウスに比べて42キログラム軽量化して燃費性能を向上させ、重心を低くすることで走行の安定性も高めた。ガソリン1リットルあたりの走行可能距離は国の基準(JC08モード)で35.4キロメートルと、ガソリンエンジン搭載車としては世界最高水準の燃費性能をもつ。

   販売価格は169万~185万円。当初の月間販売目標(国内)は1万2000台だから、いまも2倍のペースで売れている。

   トヨタによると、アクアは生産が追いつかず、「注文を受けた販売店やグレードによっても異なりますが、現在も2か月弱、お待ちいただいております」という。

   国内の新車販売は、9月下旬にエコカー補助金が終了したことで、9~10月と2か月連続で前年を割り込んでいる。市場が冷え込むなか、割安感があって燃費性能もよい小型車や軽自動車へのシフトは強まっている。

   HV車のプリウスはリッター26.2キロメートルの燃費性能をもち、価格で200万円を超える。アクアは小型化で燃費をよくして、そのうえ価格も抑えたことが、消費者ニーズと合致したわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中