世界初の「脂肪税」、廃止へ デンマーク政府

印刷

   デンマーク政府が「脂肪税」を廃止する、と英BBCが2012年11月10日(現地時間)に伝えた。

   記事によると、食品価格の高騰を招き、雇用にまで悪影響を及ぼすといったことが専門家から指摘されて、施行からわずか1年あまりでの廃止となったという。

   脂肪税は、2.3%以上の飽和脂肪酸を含む食品に税金を課するものだ。国民の約半数が「太りすぎ」という状態を改善するなどの目的で、2011年10月に「世界初の試み」として導入された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中