石川遼2年ぶり優勝 涙こらえきれず

印刷

   男子プロゴルフの三井住友VISA太平洋マスターズで2012年11月11日、石川遼選手が通算15アンダーで2年ぶりの優勝を飾った。最後のパットを沈めて勝利が決まると、たまらず涙を流した石川選手は、優勝会見でもこみ上げるものを抑えられなかった。

   会見では「2年間で別人になってしまったと思った」と苦しんだ様子を口にした。今大会の優勝で、ツアー10勝目の最年少記録を塗り替えるおまけつきとなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中