オスプレイ反対にたこ揚げ、違法の可能性

印刷

   沖縄県の米軍普天間飛行場に配備された新型輸送機「MV-22オスプレイ」を巡って、地元住民らが抗議活動の一環として風船やたこを揚げていることに関して、政府は2012年11月9日の閣議で、この行為が「航空危険行為処罰法違反」に当たる可能性があるとの答弁書を決定した。

   自民党の佐藤正久参院議員の質問主意書に答えたもの。米軍機は通常、航空法の適用外となっているが、たこ揚げなどが「航空の危険を生じさせた」と判断した場合は「罪が成立しうる」とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中