2018年 7月 22日 (日)

外務省が夜間外出禁止の徹底を要請 米兵犯罪で米国側に

印刷

   米兵による犯罪が相次いでいることから、外務省北米局の秋葉剛男審議官が2012年11月18日、アメリカ大使館のカート・トン首席公使らに対し、夜間外出禁止令遵守を米兵に徹底させるようにと電話で抗議したことが分かった。

   報道によると、那覇市内ではこの日朝も、米海兵隊普天間基地所属の米兵中尉(24)が、酒に酔ってビル内の住宅に侵入したとして警察に逮捕されていた。日本側の抗議に対し、トン公使は、遺憾の意を示したうえで、実効性のある再発防止策を取るように努力することを約束した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中