初音ミクの衣装をルイ・ヴィトンがデザイン オペラ「THE END」

印刷

   2012年12月1日と2日に山口県・山口情報芸術センターYCAMで上演されるオペラ公演「THE END」に登場するバーチャルアイドル・初音ミクの衣装デザインを、ルイ・ヴィトンが担当したことが11月20日に明らかになった。

   音楽情報サイト「ナタリー」などによると、ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターを務めるマーク・ジェイコブスらが、ルイ・ヴィトンの13年春夏コレクションを初音ミクの体型や雰囲気に合わせてデザインしたオリジナル作品で、この衣装を着た初音ミクが見られるのは「THE END」初演の来場者だけだという。

   「THE END」は音楽家の渋谷慶一郎さんと演出家の岡田利規さんによる新作オペラで、歌手やオーケストラは一切登場せず、音声合成ソフト「VOCALOID」による音楽とキャラクターの映像で構成されることで注目されている。チケットはすでに全公演完売となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中