2021年 4月 13日 (火)

酒井法子が「マンモスうれぴー」芸能界復帰 八代弁護士「『介護の仕事』どうなった?」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   覚醒剤取締法違反(使用・所持)の罪で懲役1年6か月(執行猶予3年)の有罪判決を受けていた女優の酒井法子さん(41)が執行猶予期間が明けた直後の2012年11月24日に記者会見し、芸能活動への復帰を正式に表明した。復帰作は、主演舞台「碧空の狂詩曲~お市の方外伝~」。

   新たな所属事務所では、映画や歌などの仕事の話は「色々いただいている」としており、舞台以外にも活躍の場を広げたい考えだが、テレビ情報番組やネット上では、復帰に対する厳しい声も相次いでいる。

会見では「感謝でいっぱい」繰り返す

   会見は1時間以上にわたって行われ、芸能界復帰にあたって「感謝でいっぱい」と神妙な表情で繰り返した。ただ、会見終盤に記者から

「今の率直な気持ちを『のりピー語』で表すと?」

と聞かれると、「え、いいんですか」と戸惑いながらも、

「『マンモスうれぴー』です。今日という日を迎えられて」

と笑顔を見せた。

   その会見翌日の11月25日、テレビ番組やネットの反応は、酒井さん復帰に対し、歓迎一色というわけにはいかなかった。

   例えば、ヤフーが「芸能界復帰の酒井法子、活躍できる?」というテーマで行っているアンケートでは、11月25日14時半時点で約4万8000票が集まっており、その結果は「とても活躍できる」5%、「ある程度活躍できる」17%、「あまり活躍できない」30%、「まったく活躍できない」46%。4分の3以上が、悲観的な見方をしている。コメント欄でも、

「今は話題性で芸能関係者が群がっているだけで、いずれは沈静化するだろう。それにしても毎度思うが芸能界の悪事を行った人間に対しての甘さには腹が立つ」
といった冷ややかな声が目立つ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中